ゲームが趣味なんですが・・(怪)

恐らくモンハンブログになってます・・・・

ケイブ 弾幕シューティング エスプレイド&ケツイ

壇蜜シューティングではない。弾幕シューティングなんだぁぁぁぁぁ・・。

 遠い昔・・。オレは弾幕シューティングを代表とする所謂、2Dシューティングゲームをこよなく愛していた。今でこそシューティングゲームって言うと、FPSなんかを連想する人が多いが、ウン十年も前はシューティングと言えば、縦スクロールや横スクロールのシューティングゲームしかなかったものだ。オレがシューティングに目覚めたのはゼビウス。言わずと知れたナムコの大ヒット作品だ。当然のことながら、オレはリアルタイム世代でゲーセンのアーケードゲームとしてリリース直後からプレイしていた。その頃はまだ小学生だ。

 シューティングゲームってのは、至って単純明快。ただ敵をショットやボムで倒すだけのゲームだ。敵機や敵弾を避けてひたすら破壊をしていくだけのゲーム。敵の弾をかわす弾避けが重要で、動体視力や反射神経を最もフル活動させるゲームだと思う。弾幕シューティングと呼ばれるジャンルが確立されたのは、紛れもなく怒首領蜂からであり、実にゼビウスから14年もの歳月が経過した後となる。オレもすっかり社会人になっていて、シューティングゲームからは久しく遠のいていたが、怒首領蜂をキッカケにまた首を突っ込むことになる。あの弾幕の美しさと弾避けの楽しさは、リリース当初かなり衝撃を受けたものだ。

f:id:kokan-lancer:20200408170419j:plain

 シューティングゲームは、格闘ゲームほどに爆発的な話題性はなかったものの、安定した人気が長く続いていたジャンルだ。一時期、爆発的なブームが到来して、色々なメーカーがこぞってシューティングをリリースした頃もあった。何故かシューティングゲームは、余程のクソゲーじゃない限り それなりに受け入れらる傾向にあると思われる。そもそも他のジャンルと比べ、リリースタイトルが少ないからなのか、ファンは寛容なのかもしれない。

 シューティングゲームが、一定の人気がある理由は簡単、人間の本能である破壊衝動をそのままゲームで体感できるからだと思う。壊せば良いという単純明快なルールが故に、万人に受け入れられるのだろう。それ以外にも、スコアラーと呼ばれる人種が、こぞってハイスコアを目指しやすいゲームであることも理由の一つ。どのタイトルからかは不明だが、点稼という言葉が流行りだし、闇雲に敵を倒すだけでなく、倒す順番や倒し方で高得点を得られるシステムが導入され、より高度なプレイを駆使することによって、スコアに大きく影響する採点方式が人気に拍車をかけたのかもしれない。

 ケイブ弾幕シューティングが世に受け入れられるようになってからは、画面を覆い尽くす無数の弾を華麗避ける弾避けもトッププレイヤーの見せ場の一つとなっていた。トップスコアラーのプレイ動画は見ていて圧巻だし、一種の憧れさえ感じる。オレはそもそもスコアラーではなく、1コインでオールクリアを目指すライトプレイヤーだったが、それでも、当時1コイン(コンティニューなし)でクリアするのは困難なタイトルもいくつか達成していた。まぁ、そんな楽しみ方もあるってこと。

f:id:kokan-lancer:20200408170429j:plain

 もう50歳にもなろうとしているオレが、何故、今更シューティングなのか? と、思われるであろうが、まぁ、ぶっちゃけ気まぐれww 今でも弾避けとかちゃんとできるのかなぁ・・って興味本位が先走って、気づいていたら、当時よく遊んだゲームを買ってしまっていたワケ。ちなみに、当時エスプレイドは1コインクリア達成しているし、ケツイも表1周クリアは達成している。今の老いたオレがシューティングにどういった足掻きができるのかは不明だが、少しずつリハビリしたいと思う。ちなみに、この2タイトルは既にアーケードでそれなりにヤリ込んでいたので、実際にプレイをするつもりでいるタイトルは、弾銃フィーバロンとバトルガレッガだ。この2タイトルはそれぞれダウンロード形式での販売なので、近々購入してみたい。あとはやはり、超名作の斑鳩も購入したい。斑鳩も1コインクリアは達成済みだが、こちらは少しスコアを伸ばしたいかなぁ・・と思っている。

 長々と書き綴ってみたが、ここで一番大切なコトをひとつ。それは、シューティングはパッドなんぞじゃ絶対にプレイをしない!ってこと。つまり、リアルアーケードプロをはじめとする、ちゃんとしたジョイスティック型コントローラーでなくては、オレはプレイをしない。現在、PS4用のジョイスティック型コントローラーを物色中だが、昔と違って、平気で1.2~2万位が相場の模様。ちょっと気軽に始めましたよ~的な軽い気持ちでは買えないところ。本格始動するためには、そこが最大のネックなのかもしれない。

単身 野良集会場へ乗り込む・・

一期一会を大切に・・強者ハンター達と暴れまわる・・!

 最近は野良の集会場に飛び込んでクエストをこなすことが多くなった。正直、強い(上手い)ハンター達と共闘する狩りはとても楽しい。勉強にもなるし、何よりも身内で会話をしながらダラダラやるよりも緊張感があって良い。必要最低限のメッセやスタンプのやり取りで、意思の疎通がとれた時の喜びはハンパない。

 昨日はいくつかの集会場をお邪魔したが、どれもこれも良い集会場に恵まれた。なんといっても、危険度3の調査クエストをこれでもかって程に効率よく周回できて有意義だった。初ゲットとなる装飾品をいくつか得ることができたことも非常に大きい。最近では滅多に初ゲットとなる装飾品も減ってきたからね・・。

 とにかく特筆すべきは、今回の集会場のハンターは、技量も去ることながら、武器種のバラけ方も絶妙で、果たして、オレ達に苦手とするモンスはいるのだろうか・・? ってくらいにオラオラ状態だった。冗談抜きで、野良でたまたま集まった4人で、ここまで強者が揃うのもなかなかないと思う。それでは、掻い摘んでそれらの模様を覚えている限り紹介したいと思う。

f:id:kokan-lancer:20200406103049j:plain

 1戦目はジンオウガ亜種。オレはストスリで他は近接2人とヘビィが一人だった気がする。とにかく、それぞれが最高のポテンシャルで役目をキッチリこなしてジン亜種に反撃の隙を与えない。正にずっとオレらのターン。初戦からこんな感じだったので、オレもテンション上がりまくり。周囲のことを気にせずに、自分のオフェンスのみに集中できる狩猟って、久々のような気がする。

f:id:kokan-lancer:20200406103059j:plain

 2戦目はテオ、マップは荒地。オレは水ライトで近接部隊の援護をしつつ、ブレスの届かないギリギリの距離からひたすら頭部を射撃。面白いように怯んで転倒するテオに情け容赦ない攻撃の嵐。堪り兼ねたテオがエリア移動をしまくったお陰で、討伐時間が少し余分にかかってしまった。それでも7分台だから呆れる・・w 空高く舞い上がって、フラフラ浮遊するテオやナナ特有の瀕死状態の移動がマジでウザイ。これに相当時間を割いてしまったことが悔やまれる。それにしても、マジでこのハンター達ヤバ過ぎるんじゃない・・?。

f:id:kokan-lancer:20200406103110j:plain

 3戦目はラージャン。ここの集会場主は、同じクエを連戦するのを好まないようで、野良で集まったオレらをまるで試すかのように色々なモンスで楽しませてくれる。恐ろしいことに、皆、どんなモンスだろうが臆することなくイケイケの武闘派揃い。オレは徹甲榴弾ライトでスタンを取りまくり、転倒後は皆でタコ殴り状態。ホントに寄せ集めのハンター達なのか?ってくらいに息が合う。いや・・一定レベルを超えたハンター達が集まると、互いに仲間が何を要求しているか、何が最善な行動なのかが分かるのだろう。戦っていてホントに気持ちが良い。グルーヴ感がハンパない。

f:id:kokan-lancer:20200406103121j:plain

 楽しかった狩りの時間を締めくくることとなった4戦目のイヴェルカーナ。もうオレらに敵うモンスはいねぇよ!と、言わんばかりの開幕からの猛攻。オレは火炎弾ライトで応戦。部位破壊を繰り返しスタンをとり、皆でタコ殴り・・。コイツら・・昔からの仲間なんじゃないか・・?って思わせるほどの息の合いっぷりに驚かされる。こんな楽しい時間が、永遠と続けば良いのに・・そんなことさえ頭を過った・・。 

f:id:kokan-lancer:20200406103133j:plain

 しかし、そんな楽しい時間も主の「落ちます。」というメッセに、一気に現実に引き戻される。もっと一緒に狩りをしたかった・・。集会場に集まった4人誰もがそう感じていたに違いない。出会いもあれば別れもある。この最高のカルテットは、もう二度と共に戦うことはないだろう。だが、このかけがえのない4戦をオレは暫く忘れることはできないだろう・・。

 互いにギルカを交換することもなく、一言、おつかれさまでした。と、言葉を残して去るハンター達。いつかまた再開することがあったとしても、恐らくあの時のメンバーと分かることはないだろう。だが、それでいい。共に戦った最高のハンター達・・本当にありがとう・・。オレはこれからも己を磨き、まだ見ぬハンター達と相見えた時、最高のハンターだったと感じてもらえるように更なる高みを目指していきたいと強く感じた。

拝啓、ランス使いだった君に・・

オレは本当はランス使いだったんだ・・なのに・・なのに・・

 おいおいっ・・何このランスの体たらく振り・・ヤバくね? もはや誰が見ても、ガンナーとしての方がまだマシじゃねぇかよっ・・。もうランス使いとしては失格だ・・。

f:id:kokan-lancer:20200405141623j:plain

 ヘビィの4分台には遠く及ばないヘタレっぷり・・。

f:id:kokan-lancer:20200405141637j:plain

 もう臨界ブラキに関してはクリアできる気さえしなかった・・。

f:id:kokan-lancer:20200405141650j:plain

 タイムはライトでも10分やっと切れていた程度だから、ランスでこのタイムなら御の字か・・。それにしても、臨界ブラキ苦手・・ランスもいつの間にか超苦手orz

f:id:kokan-lancer:20200405141706j:plain

 

アンイシュワルダ 大幅タイム更新

8'43"51 → 6'25"76 2分以上タイム更新。こういうのがホントのタイム更新だと思ふ。

 氷結弾ライト。被弾もほとんどなく、ミスらしいミスもなかった。この個体は特にイレギュラーな行動もなく非常に戦いやすかった。ミスらしいミスがない内容だったということは、裏を返せばコレがオレの最高の結果であり、これ以上の伸びしろは期待できないかもしれない・・。タイム更新への喜び・・そして自分の限界を知ってしまった2つの感情が交錯し素直に喜べないオレがいた・・。

f:id:kokan-lancer:20200404193705j:plain

f:id:kokan-lancer:20200404193715j:plain

 

激昂ラージャン タイム微更新

7'33"35 → 7’19”10 もはや、タイム更新というよりは、自然現象レベル・・。

 激昂ラージャンヘビィが強いとネットではかなり持て囃されているが、確かに徹甲榴弾Lv3で運用する場合、相当楽に立ち回れる。スタンも面白いように取れるので、初心者にも使いやすい・・が、如何せん火力が弱い。ビルド次第では、何度も弾を補充しにキャンプに戻らなければならない。それって、タイムを狙うには向かいないよな・・。ってことで、危険度3を装飾品狙いなどで周回する場合でないと使ってない。私的には、あんまり魅力を感じないかな・・。

f:id:kokan-lancer:20200401004244j:plain

 その他では、大霊脈玉クエの歴ネギ。5分切りもボチボチ安定してきたが、ベストタイムには及ばず。今回はヘビィのシールドを3枚から1枚にして近接を2つ増やしたが、タイムは思った以上に縮まらなかった。ネギトゲの被弾がかなりしなくなったので、あとはネコ飯スキルやネギの暴れ具合によってはベストタイム更新も夢じゃない。が、オレのモチベが続くかが問題。それ、一番重要。

f:id:kokan-lancer:20200401004254j:plain

 

コイツもか・・

もう、色々な意味で限界かも・・。

 大霊脈玉の救済イベクエ・・待望の2回目5分切りタイムが出たのだが、ベストタイムより1秒遅い・・ってorz 逆に1秒早かったら狂喜乱舞だが、タイムアタックってそういうモンだよね・・。いつも一喜一憂・・マジで疲れる。

 それ以外にも、そろそろ限界かな・・と思うこともチラホラ。今週中には決断したいと思う。

f:id:kokan-lancer:20200331075955j:plain