ゲームが趣味なんですが・・(怪)

恐らくモンハンブログになってます・・・・

老獪(ろうかい)

光の戦士になりたいのではない。ただオレ達だけで勝ちたいんだ・・。

団員であるハンマーマンの鉄爺は色々とヘビィーちゃん討滅のために知恵を振り絞ってくれている。仕事中にもヘビィーちゃんのことを考えていると言うのだから、もし本当だとするならば、人としてはアレかもしれないが、団員としては頼もしい・・。

f:id:kokan-lancer:20190822112633j:plain

昨晩も我がサークルでのベストメンバーと思われる「チーム184」で挑む。何度か大剣のぬりかべを含めた「チーム183」で挑むも、一人で3乙されるのは流石に痛い。慣れない武器で奮闘はしてくれているものの、圧倒的にヘビィーちゃんに対する経験が不足していると思われる。宴終了までの限られた時間の中でクリアを目指すためには、討滅班レギュラーとしては戦力外だ。厳しいかもしれないがコレが現実。

我々も毎晩、何も考えなしにヘビィーちゃんに挑んでいるワケではない。昨晩は鉄爺の提案により、状態異常を最大限に活かそうという方針を打ち立てた。今までほとんど睡眠や麻痺などの状態異常をさせずに戦っていたのだが、散見しているヘビィーちゃんの動画を見ると、最終エリアで異常状態による拘束をフルに活用している戦い方が多いらしい。確かに最終エリアの猛攻は想像を絶するもので、我々も何度も煮え湯を飲まされている。最終エリアでの戦いが、少しでも安定するのであれば、それに越したことはない。

早速実践しようと思い、ベストメンバーで挑んではみたものの、エリア3でクエスト失敗の連続・・一昨日とは異なり、最終エリアになかなか手が届かない。早く実践で試したいという逸る気持ちがプレイを曇らせているのか、とにかく最終エリアに行きつかない歯痒い連戦・・。

夜も12時を回り、今日は諦めてお開きにしようとした瞬間、新人のティー氏(仮名)が食事でネコの報酬金保険が付くという報告・・。コ、コレは最後にやらなきゃなるまいてってことで、本日最後のバトルを挑むことに・・。

【途中エリアまでは割愛】

ついに念願の最終エリアに到達!しかし、ここで開幕から痛恨のミスが勃発・・。なんと、足並み揃えてエリアに進入したはずが、オレ以外の三人がエリア入口のミールストームに阻まれて、エリアに入ってこれないというハプニングが・・。エリア内に一人だけ佇むオレ・・。入ってこれないメンバー達。止む無く最終エリアのために温存していた装衣を各々が纏ってムリヤリ進入。傷つきながらも何とかエリア内に合流・・。

この後は、ただただガムシャラに戦っていたので、詳細は覚えていない。残念ながら、動画も撮れていなかったため、振り返りようがない。だが、作戦はほぼ予定とおりに遂行された。オレが2回の睡眠と1回の麻痺をとり、睡爆やら麻痺時のタコ殴りなどを経て、結果・・3個目のコメットまで到達した。正確にはクエストが失敗した直後にコメットが降ってきた模様・・。非常に残念だが、本当に本当にあと一歩のところまで漕ぎ着けた。

今後の課題は「くだらない乙」の排除、敵視をローティションで取り続ける、エリア進入時の凡ミスを防ぐ等を実践できれば、間違いなくクリアは可能である。

今晩あたり、勝利の美酒に酔いしれたジジィ達が歓喜している姿を見たいものだ・・。